36_松村釦

所在地 大阪府柏原市高井田535
TEL 072-978-6281
ホームページ http://www.news-button.co.jp

代表取締役社長 松村 雅司

工場見学・ワークショップ

タイムテーブルから予約する

どんなものを作ってる会社?

プラスチック製ボタンと一言でいっても、実は色々な素材のボタンが存在します。中でも、世界の製造数において大きな割合を占めているのが【ポリエステル樹脂製】になり、当社はこの通称ポリボタンの製造をしています。ポリボタンは【変幻自在】な特性があり、水牛調、貝調、ナット調など様々な天然素材の風合い(柄)をデザインできます。
当社は液状の樹脂の配合からボタンの形になるまで一貫した製造を行っております。ワイシャツやジャケット・スーツなど、皆さんの洋服のいずれかに当社のボタンが付いているかもしれませんね。

 

         

ココに釘付け!

ポリボタンの製造技法の特徴でもある色を重ねて作る積層の技術を見て欲しいです。ミルフィーユケーキのように色の層を一枚一枚重ねるように柄を作り、切削加工や彫刻加工を施すことで表情の異なるボタンが出来上がります。 工場に併設している小売店舗「ボタンのTSUKASA」には当社のボタンがズラリと壁や棚に並んでいます。是非、そちらにも足を運んで千差万別、多種多様なボタンの世界を覗いてみてください。また、ボタンだけではない形のモノづくりにと製作したピンバッチやブローチなどアクセサリー雑貨もございます。ボタンとしては活かしきれなかったデザインや柄も楽しんでいただければ嬉しいですね。

モノづくりの歴史・ターニングポイント

創業当初は地域産業の一つでもあった本貝ボタンの製造業を生業としていました。しかし、天然資源という原材料の資源量に、いつか限界を迎える未来が想像されました。
そんな折、ポリエステル樹脂メーカーとの縁があり、ボタンに適した樹脂配合など共同研究を重ね、天然素材になり替わるプラスチック製ボタンの製造に移行していくことになりました。ポリエステル樹脂ボタンは汎用性が高く、プラスチック製ボタンの中で最もポピュラーに使用される素材となった背景とともに、当社も成長していった経緯があります。近年では、長年携わってきたBtoB事業だけでなく、BtoCに向けての展開を拡げています。

これから見据える未来

今は、去年からテーマに掲げている「広める~拡げる~」のもとに出来ることを探し継続していくことです。具体的には、当社の自社ブランドとして【NEWS】コレクションがあるのですが、その頭文字をとった4つの柱を実行することです。
NAME・・・まずは名前を広める
ENCHANT・・・作り上げてきた商品の魅力を広める
WHOM・・・従来のBtoB向けだけでなく、ターゲット層を拡げる
SENSE・・・今まで培われた技術とセンスで商品展開を拡げる
「ファクトリズム」はまさにこのテーマにふさわしく、我々の大きなチャレンジの一つです。

会社を一言で表すと?

こだわりと進化を求めて

つくり手の想い・伝えたいこと

今回、一般の方に工場見学という形で公開することが初めてになります。私たちもどんな反応が返ってくるのか不安と期待とが入り混じった想いで迎えることでしょう。普段、何気なく触れている小さなボタンが、もう一歩身近な存在に感じていただければと願ってお待ちしております。