金属もプラスチックも自在に!
私たちは、素材のプロフェッショナル

シンコーエステック株式会社

所在地 八尾市竹渕2丁目140番地
TEL 06-6708-1080
ホームページ http://www.shinko-stec.com

代表取締役社長 佐藤 大記

会社の歴史

1955年(昭和30年)の創業時は、ラジオの部品や硬貨を収納する金具などの製造を担っていました。時代の変遷とともに、製造品目も拡大。家電及び電力向け部品や建築金物などを手がけ、徐々に技術力をブラッシュアップ。現在は、自動車メーカー向けの部品、建築用設備品、知育玩具などを製造。多岐に渡る素材を取り扱っています。

強み・特長

ものづくりに欠かせない金型を自社で製造、製品の加工、組立まで自社一貫体制で提供しています。長年の製造ノウハウを活かし、大手メーカーのつくる新商品や戦略商品の開発にも参加。アルミニウム、銅、真鍮、ステンレス、鉄などの金属のほか、プラスチックなど、あらゆる素材にフレキシブルに対応できるのが強みです。商品に内蔵される部材はもちろん、完成品まで多彩な製品づくりに挑んでいます。

今後のビジョン

時代の変化を敏感に捉え、更なる技術力の向上に挑み、開発型企業への飛躍をめざしています。金属やプラスチックなど性質の異なる素材を自在に操り、その特性を活かした製品を提供。自動車、建築、玩具、梱包素材など、分野の枠を超えた製品をつくることで、安定した経営基盤を実現。次世代に求められる製品にフォーカスし、アイデアや発想力にも磨きをかけていきます。

今回、オープンファクトリーFactorISMに参加しようと
思った理由・背景について教えてください。

私たちのものづくりを見て欲しいという純粋な思いから、昨年に続き、参加を決めました。毎年1回、当社は地元の小学生のみなさんを対象に工場見学を開催していますが、とても新鮮ですし、見ていただくことで、私たちの意識も変わります。今回も多くの方に、ものづくりの現場を見ていただきたいですね。

オープンファクトリーイベントのプログラム構想・内容、
来場者に特に伝えたいことを教えてください。

まずは、当社がつくっている製品を見てください。自動車関連部材の中でも、足まわりに関連する製品は当社の得意とするところ。「こんな製品をつくっているんだ!」と知っていただければ、うれしいですね。工場見学においては、金属加工や組立の工程を予定。また、アルミニウムなど金属素材の曲げ体験のできるワークショップも計画中です。

地域を超えて企業同士が繋がる出会いに期待することを教えてください。

参加いただく方のご意見はとても貴重です。さまざまな考えを持つみなさんの感想を聞きたいですね。また、オープンファクトリーに参画されている企業が何をつくり、どのような技術を得意としているのかをもっと知りたいです。どこでどのようなご縁があるか、わからない。そんなご縁を大切にしたいと思います。

今、御社にどんな「刺激」が欲しいですか?

多くの方に自分たちの技術を見て知っていただくことで、感動したり、感激したりする。これが社内においても大きな刺激になります。刺激をいただいて、私たちの会社も社員も元気になり、明日への活力につながる。「まずはチャレンジしてみよう!」をモットーに掲げていますので、刺激はとても大切です。モチベーションになりますね。

御社の一番のこだわり「ここを見ろ!」を教えてください。

金属加工にはさまざまな工程があり、専用機械があります。300トンのプレス装置、溶接ロボット、フライス盤などを見ていただくことで、ものづくりの奥深さや圧倒的な存在感などを知って欲しいと思います。溶接ロボットが作業をする光景など、なかなか見る機会がないと思いますので、機械や製造に興味のある人は必見。ワークショップでは、金属を見て触れて、質感や硬度を体感してください。

来場者へのメッセージ

製品をつくる基本となる金型の製造から、設計、製造、組立まで、一貫した製造体制を実現しているのが当社の自慢。ものづくりにはさまざまな場面があり、そこには長年のノウハウや技術が存在します。素材ひとつとっても、金属もあれば、プラスチックもある。オープンファクトリーを通して、興味や好奇心をふくらませていただけたら、うれしいです。社員全員、張り切ってお迎えします!

 

協賛パートナー

コラボレーションパートナー

メディアパートナー

クリエイティブ監修

共催

後援