37_ロブテックス

所在地 大阪府東大阪市四条町12-8
TEL 072-980-1111
ホームページ https://www.lobtex.co.jp

工場見学・ワークショップ

タイムテーブルから予約する

どんなものを作ってる会社?

作業工具として、モンキレンチ、ペンチ・ニッパー、万力、プライヤー、圧着工具。ファスニングツール(片側から締結が出来る工具)として、リベット・リベッター、ナット・ナッターなどを作っています。特にモンキレンチは、90数年前に当社が国産初のオールドロップフォージング(全型打鍛造)による製作に成功いたしました。本社は東大阪ですが、工場は鳥取にあります(東大阪には展示室があり、工具を触ることが出来ます)。

         

ココに釘付け!

工具について、その精度の高さ・美しさには自信があります。特にモンキレンチは、当社のハンマーマン(鍛造技術を持つ熟練の職人)により製造され、美しい鍛造肌と抜群の耐久性をもった自慢の商品です。(鍛造:金属製の材料を熱し、ハンマーなどで何度もたたき、製品の形に近づける製法)
その他、グッドデザイン賞や海外のデザイン賞を受賞した工具や最新工具についても手に触れてご体験いただくことが可能です。
また、ワークショップについては、モノづくりに苦手意識のある方でも大丈夫な内容となっておりますので、お気軽にお申し込みください。

モノづくりの歴史・ターニングポイント

135年の歴史の中には沢山の変化があり、ここに全ては書ききれませんが、まずは1888年の創業時にはバリカンの製造販売だけだったところに1928年から工具(最初はモンキレンチ)の製造を始めたこと、1932年に国産初のオールドロップフォージング(鍛造)によるモンキレンチ製作に成功したこと。1951年にモンキレンチが全国第一号のJIS表示認可を受けたことなどがあります。「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」と謳われた明治時代から、戦争やオイルショック、教科書で見たような歴史を実際に経験し、乗り越えてきました。

これから見据える未来

時代は移り変わりましたが、過去も現在も、便利で使い勝手が良く、作業の効率化を図れるツールを作ればお客様のお役に立てることに変わりなく、そのために私たちロブテックスは進化、発展を続けてまいります。物質的に豊かになった現代においては、企業として、心の豊かさを追求することも必要であると考えております。工具を使ってモノをつくる喜び、満足感、達成感をあらゆる人、特にこれからの未来を担う子供たちに、味わっていただくことにより、社会に貢献し、明るい未来を築く。 そのお役に立つために私たちロブテックスは存在しております。

会社を一言で表すと?

会社も社員も表向きは「真面目」な感じ、でも実際深く突っ込んでみると「結構面白い」が見つかる!?と思っています。

つくり手の想い・伝えたいこと

1888年、一般には高嶺の花であった輸入バリカンに代わるものとして両手式バリカンを発明し、理容業界に広く普及させたのが私たちの歴史の始まりです。そして1928年、当時の作業工具は高価な輸入品もしくは工場職人の手作りが主流でしたが、手ごろな価格、高品質、誰もが使える工具をつくり、職人さんたちのお役に立ちたいという強い思いで、私たちはモンキレンチの国産化を成功に導きました。
このように私たちロブテックスは創業以来一貫して、お客様そして社会のお役に立つためにモノづくりを続けてまいりました。