共栄化学~アクリルからスポーツ応援グッズまで

2020年12月12日
八尾市の「共栄化学工業」は、透明で重厚感もあるアクリル素材を用いて
さまざまなアクリル製品を世の中に送り出しています。
木材など材料も多彩にアクリルに限定することなく
ものづくりの領域を広げて、スポーツの応援グッズ生産にも力を注いでいます。

レーザー加工の技術を生かしたネームプレートも、加熱してアクリルを曲げるわざも。
透明で美しいアクリルの魅力を引き出す職人たちの手づくり感いっぱいの現場となっていました。

稲垣圭悟社長は、かつてサッカー・ガンバ大阪のジュニアコーチを務めていた経歴から
「アクリル運動部」を名乗っています。
スポーツ応援のためのTシャツやタオルやスポーツ関連グッズも生産しています。
稲垣社長は
「注文を受けたらどんどん間口を広げたい。わが社の技術を生かしたものづくりに挑んでいます」
と説明していました。

ライター:中尾卓司 Posted in 特集記事