大阪製菓~カラフルなコンペイトウ手作り体験できます

2020年12月12日
色鮮やかなピンク、緑、白色の粒子の群れが円形の釜の上を踊るように転がり、
甘い香りが漂っていました。金平糖をつくる現場を見学できるのが大阪製菓(八尾市)です。
金平糖の手作りを体験できるコンペイトウミュージアムもあります。

金平糖の輝きを引き出すのは、職人たちの熟練の技と芸術的な感覚です。
2週間も時間を掛けて直径1.5㌢の大きさのきらめく粒に育てます。
熱い釜の上を転がす温度や湿度の微妙な変化や乾き方、
蜜の掛け具合に目配りしながらかき混ぜる地道な作業を続けると、
形のいい角を備えた金平糖が生まれます。

金平糖の形の模型を手にした野村しおり社長からは、
「密を避けて、蜜を掛けて、安全なコンペイトウミュージアムを楽しんでください」
とアピールしていました。

ライター:中尾卓司 Posted in 特集記事