赤坂金型彫刻所~伝統のわざを刻んで

2020年12月11日
赤坂金型彫刻所は、伝統の技法「半月彫刻」を大切に守り継いでいる匠のこうばでした。 左手を失ってもなお、ものづくりにこだわり続けた祖父の思いを引き継ごうと、「三代目赤坂兵之助」 を名乗っています。

「半月彫刻」とは、「半月一枚刃」という独特の刃物で、ミリ単位の彫刻を実現するわざです。
繊細なアクセサリーづくりと、土に還る生分解性プラスチックの製品づくりを追求しています。
「FactorISM」に加わり、ものづくりの醍醐味も、繊細さも伝えます。手づくりバッジを作るワークショップでは、ものづくりのよろこびを共有しようと呼び掛けています。
代表 三代目・赤坂 兵之助さん
「自分でみがいて打刻してみてください。自分の手で作ったものは大事にします」
「ものづくりを一緒に楽しみましょう」

ライター:中尾卓司 Posted in 特集記事