亜細亜商工~〝縁の下の力持ち〟のゴム製品

2020年12月11日
亜細亜商工(八尾市)は、ゴム練り加工の会社です。
敷地内の工場では、ゴムのかたまりが機械から練りだされていました。

天然ゴム、合成ゴム、カーボンなどを配合して
さまざまな用途に活用されるゴム生地が生まれています。

免震ゴムやキャスターなど、目立たないところでものづくりを支える〝縁の下の力持ち〟 の役割を果たしているそうです。
ゴム配合のレシピは、200種もあって
ゴムの瞬発力を吸収するなどさまざまな素材の開発を進めています。
ひじ痛や腰痛を抱える人にもやさしく
はねない素材のゴルフグリップを製造するなど、消費者向けの商品開発も始めています。

専務の尾崎航平さんは
「整理、整頓、清掃の3Sに取り組んでいます」と話していました。

ライター:中尾卓司 Posted in 特集記事